20代の為の保湿方法 | 20代に必要なスキンケア

20代に必要なスキンケア
Home » 20代に必要なスキンケア » 20代の為の保湿方法
20代に必要なスキンケア | 07月04日更新

20代の為の保湿方法


保湿はどの年代でも欠かせない、需要なスキンケアとなります。
肌が乾燥してしまうと肌荒れを引き起こし様々なトラブルとなるので、何としてでも防がなければいけません。
しかし20代になると、肌の乾燥はかなり酷くなってしまうのが現実です。
その為にも、より念入りに保湿を意識したスキンケアを取り入れるようにしましょう。

保湿方法は洗顔の後に、化粧水で肌を整えて行きます。
この時化粧水をコットンに落として使っている方も多いと思いますが、なるべくなら手で付けるようにして下さい。
コットンを使うと肌に「目に見えない傷」が出来てしまい、肌荒れを引き起こしてしまう恐れがあるからです。
付け方は適量を手に取りよく馴染ませて、顔を押さえつけるようにしてしみ込ませていきます。
顔の表面だけをパシャパシャつけただけでは単に顔を濡らしているだけに過ぎず、保湿にはなっていません。
顔全体をなじませた後に、目の周りやフェイスラインを軽く指で押さえて一応保湿は完了です。

ただ乾燥肌がどうしても気になるというのならば、更にクリームで仕上げて行きましょう。
使用方法としては顔全体にぺったりつけるのではなく、特に乾燥が激しい目元や口元を中心に少しつけるだけで十分です。
クリームは肌に良い物には間違いありませんが、変に使い過ぎてしまうと顔が変にテカテカしてしまうので要注意です。
最近は少量でも高い保湿力を誇るクリームが沢山出ているので、一度に沢山使う必要はありません。

そして肌が十分に整ってきたならば、いよいよメイクの開始です。
十分に保湿が出来ているのならば、ファンデーションは薄付きでもしっかりカバーしてくれる筈です。
乾燥が気になるのならば、リキッドよりもパウダータイプのものを使用する様にしましょう。
リキッドは油分が多いので乾燥肌向きと思われるかもしれませんが、肌の刺激が強いのであまりおすすめ出来ません。
肌荒れに悩んでいるのならば、パウダータイプのものを使うようにして下さい。

The following two tabs change content below.

20代に必要なスキンケア

最新記事 by 20代に必要なスキンケア (全て見る)

top